霧島蕎麦處かわぐちのほっとな一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 霧島神宮近くの頑固な古式手打ちの蕎麦屋の親父が銀座のお蕎麦屋さんと 身近な花を

<<   作成日時 : 2015/07/14 22:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

古式手打ち
霧島蕎麦處かわぐち
鹿児島県霧島市霧島田口2638−249
☎ 0995−57−4321
店主 川口穰
出身は北九州市八幡東区(旧八幡市立槻田中学校卒業)
気付いた方は連絡を
おそばは練込以外全て蕎麦粉と水のみで打ち上げています。

霧島神宮近くの頑固な古式手打ちの蕎麦屋の親父が
身近な花と銀座の蕎麦屋を訪れています。

 今日は久し振りに良いお天気でした。
18時前夕立、やっと夏が来た感じです。
夕立が上がると鳥や蝉が一気に鳴き始め
煩かったです。特にホトトギスの鳴き声は異状でした。

今日の朝まで蕾でしたが梔子が開花しました。
空も入道雲が出ました。
画像

画像

梔子を見ると父を思い出します。
実家には大きな梔子が一本ありました。
家の前は灌漑用水が有り私たちは小川と呼んでいました。
梔子の花の額を取り小竹に通して小川に渡し
ぐるぐる回るのが面白く、遊んだものです。
梔子の花を取るのに木に登るのですが
枝は裂け易いので登るなと良く怒られました。
枇杷の木も同じです。枇杷の木に登って枝が裂け
落ちて怪我をすると一生治らないぞ・と良くしかられました。

小山から東京に着いて荷物をホテルに預け昼食に
出ました。昼食は銀座の蕎麦屋さん二軒回りました。
画像

最初のお店は若い方が遣っているお店。
此処では花巻を頼みました。
持って来た時には海苔が入っていて
香りの無い花巻でした。
画像

次に行ったのは砂場
画像

蕎麦湯入れです。
そばに関しては取り立てて書くほどでは有りませんでした。
此れから日本橋に遊びに行きます。
続きは次回に

転ばぬ先の杖で 健康と思っている内に
健康診断を

今日は此の辺で さようなら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
霧島神宮近くの頑固な古式手打ちの蕎麦屋の親父が銀座のお蕎麦屋さんと 身近な花を 霧島蕎麦處かわぐちのほっとな一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる