霧島蕎麦處かわぐちのほっとな一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 霧島神宮近くの頑固な古式手打ちの蕎麦屋の親父が東京駅を眺め回顧して

<<   作成日時 : 2015/07/17 21:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

古式手打ち
霧島蕎麦處かわぐち
鹿児島県霧島市霧島田口2638−249
☎ 0995−57−4321
店主 川口穰
出身は北九州市八幡東区(旧八幡市立槻田中学校卒業)
気付いた方は連絡を
おそばは練込以外全て蕎麦粉と水のみで打ち上げています。

霧島神宮近くの頑固な古式手打ちの蕎麦屋の親父が
レンガ作りの東京駅を眺めています。

今日は良い天気でした。日中は暑かったのですが
夕方から空気が冷たくなってきました。
我が家は冷房施設が有りませんので
夏は開けっ放しですが今日は早々と
窓や戸を〆ました。
学校は終業式子供の頃はこの日が
待ちどうしいのと通信簿を親に見せるのが
嫌で困った日でした。皆さまそんなこと
有りませんでしたか。

今日は東京のシンボル東京駅を 丸の内口
画像

全景です。
三コマ繋ぎましたから歪なところはご勘弁を
画像

駅を出て左を見るとこの様に見えます。
画像

少し離れて  ここから出てきました。
画像

中央です。左右対称に作られています。
画像

駅から左手を見たところ。
都バス・都電が走っているころは門中・不動尊前に行くには
丸の内口に出て乗ったもです。
豊洲方面は八重洲口からです。
タクシーは八重洲口かでした。
仕事が終わり磯子から古石場まで
都電や都バスが終わりタクシーで帰るときは
タクシー待で何時間も待つ事が有ります。
積雪の時や雨天です。積雪の時は
深夜にまで及ぶ事がありそんな時は
意を決して歩きます。ウンが良い時は
早く車が拾えます。
40数年前の回顧です。

転ばぬ先の杖で 健康と思っている内に
健康診断を

今日はだらだらと長くなりましたが
此の辺で お別れを さようなら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
霧島神宮近くの頑固な古式手打ちの蕎麦屋の親父が東京駅を眺め回顧して 霧島蕎麦處かわぐちのほっとな一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる