霧島蕎麦處かわぐちのほっとな一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 霧島神宮近くの頑固な古式手打ちの蕎麦屋の親父が北の丸公園を散策 森ファームの紹介

<<   作成日時 : 2015/07/24 20:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

古式手打ち
霧島蕎麦處かわぐち
鹿児島県霧島市霧島田口2638−249
☎ 0995−57−4321
店主 川口穰
出身は北九州市八幡東区(旧八幡市立槻田中学校卒業)
おそばは練込以外全て蕎麦粉と水のみで打ち上げています。
蕎麦打ち教室 年4回 開催 興味のある方は御連絡を
 開催月 3・6・9・12 月

霧島神宮近くの頑固な古式手打ちの蕎麦屋の親父が
まだ皇居・北の丸公園を散策しています。

 先日注文の玄蕎麦が着きました。
昔の翁・今は達磨の高橋さんも此処のおそばを
使っているそうです。
玄蕎麦23kgと打ち粉10kgです。早速挽きに
出しました。明日朝仕上がるそうです。
どんなそば粉に仕上がるか楽しみです。
今回御頼みしたお店です。
常陸の春そば
森ファームの紹介です。
茨城県古河市上片田 
☎ 0280−77−0011
 今から20年前、どうしても自分の育てた蕎麦を食べてみたく、
近所の農家の仲間3人と1,000uの畑に蕎麦の種を播きました。 
全て手作業で汗だらけ、ホコリだらけになりながら収穫を終え、
納屋の奥に眠っていた製粉機を持ち出し、念願のそば粉が出来上がりました。
 さっそく蕎麦かき「うまい!」の一言、他に言葉は見つからないほどでした。
翌年今度は、3,000uに挑戦!もちろん蕎麦かき「うまい!」
今度は驚きにも似た感じでした。 
同時に蕎麦は山間地が産地と考えていましたが、私共でも美味しい蕎麦を
育てることができると確信した瞬間でもありました。
 でも一方「疲れた!」も、本音でした。 
そこで、3年目不安はありましたが、機械を導入「この美味しいお蕎麦を
多くの皆さんにも楽しんでいただきたい」と
私共の本格的な蕎麦栽培がスタートしました。
森ファームのおそば栽培のお話でした。
画像

里山の森 歩っぽです。
此処ではおそばが食せます。

皇居を
画像

又元の道に出てきました。
画像

宮内庁三の丸尚蔵館
天皇家の事が良く分かります。
画像

大手門の扉
この犬釘は手作りで約300年の歴史が有ります。
丁寧に打ち込まれ破損した時は作りかえるそうです。
大きな物だけでなくこうして小さなものを探すのも
面白いですよ。犬釘の話は宮内庁警察の方が
お話してくださいました。

今日はだらだらと長くなりましたが
此の辺で さようなら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
霧島神宮近くの頑固な古式手打ちの蕎麦屋の親父が北の丸公園を散策 森ファームの紹介 霧島蕎麦處かわぐちのほっとな一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる