霧島蕎麦處かわぐちのほっとな一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 霧島神宮近くの頑固な古式手打ちの蕎麦屋の親父が今日のお客様を 明日は1,4kgを

<<   作成日時 : 2015/08/13 23:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

古式手打ち
霧島蕎麦處かわぐち
鹿児島県霧島市霧島田口2638−249
☎ 0995−57−4321
店主 川口穰
出身は北九州市八幡東区(旧八幡市立槻田中学校卒業)
おそばは練込以外全て蕎麦粉と水のみで打ち上げています。
蕎麦打ち教室 年4回 開催 興味のある方は御連絡を
 開催月 3・6・9・12 月

霧島神宮近くの頑固な古式手打ちの蕎麦屋の親父が
今日のお客様を呟いています。

 今日は昨日の雨の御蔭で涼しい一日でした。
久し振りに忙しい一日でおそばが15時には切れて
以後のお客様はお断り致しました。おそばが切れて
申し訳ありませんでした。この場でお詫び申し上げます。
明日は1.4kgを二度打ち上げる予定です。

 今日のお客様
 帰り際に何処からお出でですか・福岡・福岡はどちらですか
北九州・北九州のどちらですか・八幡西・中学校は・紅梅町の近く
中学校でした。私は八幡東・槻田中ですよ。
勤めが山王だから近いからしってますよと帰って来ました。
戦前はその近くに実家が有ったらしい。
今のロイヤルホテル前です。其の頃は自転車屋をやっていた
様で私の生まれる前です。
食後に杏のコンポートを召され美味しかったので
杏のジャムをくださいと一つ購買されてお帰りに
成りました。八幡と聞くと懐かしい気持ちが現れます。

 あとひと組のお客様は志賀・近江八幡からお見え
隣町の八日市市に住んでいたんですよ。沖野に
と言うと知っていますよ・其処で日野・水口有料道路
の水口トルゲート(料金所)から2km工事をしたんですよ。
今は料金所も撤去されて無料で開放されています。
この道路工事が一番難工事でした。

 学術的に難工事、この工事で又一つ成長したと
自負しています。地盤が硬質粘土で其の土を利用して
埋め立て路体を作る時、転圧すると
どんどん軟らかくなり路体作りもままならず
地盤改良材を用いて路体作り路盤を完成させました。
設計変更を待てなく工事を先行博打みたいなものでした。
滋賀県道路公社発注工事・全額変更対象になり工事も
赤字にならなくて済みました。
工期は変わらず休みなしの感じでした。

 2kmと長い工区で片側は雨で片側は降って
いない事も、濡れて事務所に帰ると池に落ちたの
と事務員さんに言われた事もあります。
 工事が終わると大阪本店工事部長から一カ月間
休みを遣るから休んでいいぞ・京都に行ったり方々に
行く計画を立てていた矢先九州で適当な所長が
いないので帰って来てくれと九州支店工事部長から
召集令状仕方なく九州支店に帰りました。
画像

この看板が見えたら曲がりお入りください。
80m先が当店です。
画像

開店当時です。今は藤が大きくなっています。

では此の辺でさようなら


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
霧島神宮近くの頑固な古式手打ちの蕎麦屋の親父が今日のお客様を 明日は1,4kgを 霧島蕎麦處かわぐちのほっとな一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる