霧島蕎麦處かわぐちのほっとな一日

アクセスカウンタ

zoom RSS お世話になった方が

<<   作成日時 : 2015/11/04 21:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

古式手打ち
霧島蕎麦處かわぐち
鹿児島県霧島市霧島田口2638−249
☎ 0995−57−4321
店主 川口穰
出身は北九州市八幡東区(旧八幡市立槻田中学校卒業)
おそばは練込以外全て蕎麦粉と水のみで打ち上げています。
蕎麦打ち教室 年4回 開催 興味のある方は御連絡を
 開催月 3・6・9・12 月

 霧島神宮近くの頑固な古式手打ちの蕎麦屋の親父が
お世話になった方がお客様をお連れになりました。

 霧島はだいぶ寒くなってきましたがお天気が
良いせいか日中は暖かい日がつずいています。
夜間は冷え込んでいます。昨日電気モーフを
取付ました。今朝は良い気分で寝過ごしました。

 蕎麦屋を開くきっかけとなった方が御婦人二人を
連れてお見えになりました。
 有るお蕎麦屋さんで出会い蕎麦が出来たので
少しだがあげるよと玄蕎麦を戴きました。
早速粉挽きに出し打ってみたところ
繋がったおそばが出来ました。
 今までは腕かなと思いながら打って居ましたが
原因がそば粉にある事に気付きました。
妻は皆はあれを入れ此れを入れと情報を仕入れては
私に言いますが右から左に馬の耳に念仏で
聞き流していました。必ず繋がるからと。
一度繋がると後はスイスイです。
 蕎麦の出しは仕上がっていましたから
妻の一押しで蕎麦屋を開業する運びになりました。
 一番苦労したのは出しをどの地方のレベルに
合わせるかでした。
東京に合わせると九州人は来ないし、
鹿児島に合わせると甘すぎるしでこの点が
思案のしどころでした。
出しの採り時間はお江戸の蕎麦屋さんの
時間を参考にして、鰹節・昆布・無添加醤油です。
バランスの良いおそばが仕上がりました。

お連れの方は鹿児島高麗町からお見えに、
早速ブログにコメント戴きました。
この方は25年文化功労賞表彰された方だそうです。
有難うございました。

6日は城山ホテルの紬の催しに参加致します。

では此の辺で さようなら

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お世話になった方が 霧島蕎麦處かわぐちのほっとな一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる