霧島蕎麦處かわぐちのほっとな一日

アクセスカウンタ

zoom RSS − タイトルなし −

<<   作成日時 : 2016/02/10 19:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

古式手打ち
霧島蕎麦處かわぐち
鹿児島県霧島市霧島田口2638−249
☎ 0995−57−4321
店主 川口穰
出身は北九州市八幡東区(旧八幡市立槻田中学校卒業)
おそばは練込以外全て蕎麦粉と水のみで打ち上げています。
蕎麦打ち教室 年4回 開催 興味のある方は御連絡を
 開催月 3・6・9・12 月
3月15日火曜日13時霧島保健福祉センター
6名限定・・・400gを二回
指導料は3500円 生粉打ち指導
ご予約は0995−57−4321
川口まで
フェイスブック minorukawaguti

 霧島神宮近くの頑固な古式手打ちの蕎麦屋の親父が
今日のお客様とそば会席のレシビを 紹介。

 今日も良いお天気。霧島連山は青空に
クッキリと綺麗です。黒く見える山が新燃岳
中々緑になりません。

 今日のお客様以前からお見えですが
お仕事は聞いた事が無く今日初めて聞きました。
四名様でお見えになりました。
そば御前とおそばの大盛りを御注文。
そば善哉に感動して戴きました。
都城駅近くのサンホテル前
ラーメン屋さんの二階スナックチュエン
一寸変わった名前と言われました。
まだ、まだ若いママさんです。

お連れは初めての方で
牟田町で御商売を、お店のお名前は
ビショウ・サンパレスビルの一階だそうです。
素敵にお年をたられたママさんです。

画像

里芋団子
皮をむいた里芋をゆで上げます。
暑いうちに裏濾しし山芋の擦りおろしと
白身魚のすり身・御前粉・蕎麦垂れを加え撹拌します。
ふかします。
温かいうちにディシャーですくい取り中に蕎麦雑炊の具を
中に入れ丸く成形します。
ラップに包み冷凍に。
使用時は湯撰で温めて餡を掛け仕上がりです。
蒸しあげると柔らかく仕上がります。
餡は蕎麦垂れに葛を引きとろみをつけます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
− タイトルなし − 霧島蕎麦處かわぐちのほっとな一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる