霧島蕎麦處かわぐちのほっとな一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 杏のジャムを

<<   作成日時 : 2016/06/18 10:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

古式手打ち
霧島蕎麦處かわぐち
鹿児島県霧島市霧島田口2638−249
☎ 0995−57−4321
店主 川口穰
出身は北九州市八幡東区(旧八幡市立槻田中学校卒業)
おそばは練込以外全て蕎麦粉と水のみで打ち上げています。

イベントの紹介
創業祭
毎年二月末の土曜日〜三月第一日曜日まで
9日間
蕎麦会席 御舌料  4000円
お酒飲み放題    3200円

生ハムとワイン祭り
毎年十一月末の土曜日〜十二月第一日曜日まで
9日間
 イタリアサンダニエーレのプロシュート食べ放題。
御舌料       4000円
お酒飲み放題    3200円
蕎麦を一寸イタリアンに
画像

蕎麦打ち教室 
年4回 開催 興味のある方は御連絡を
 開催月 3・6・9・12月 各月第三木曜日
6月16日木曜日13時霧島保健福祉センター
6名限定・・・400gを二回
指導料は3500円 生粉打ち指導

ご予約は0995−57−4321
川口まで

フェイスブック minorukawaguti

 霧島神宮近くの頑固な古式手打ちの蕎麦屋の親父が
杏を呟いています。

 今日はいいお天気になって来ました。
鱗雲のような雲が広がっています。
昼過ぎまでは大丈夫な様子、
何せ霊峰高千穂の峰が聳える
霧島。天候は不順です。

 杏が店内で話題になりました。
大きなもので130g小さな物で
60gとバラで届きます。
大きなものはコンポートに
小さな物はジャムに
加工します。
いつもの天婦羅用は
今回見送りました。
7月初めには届く予定です。
画像

完熟杏です。
画像

ジャム作り

今年は早くから、ご予約が入っています。

又トウモロコシから作った砂糖を使って
作って戴きませんかとご依頼。
考慮中。

 簡単レシビ
あんずのジャム
杏を水に漬け奇麗に洗う
水気を拭き取る
適度な大きさに刻む
種と根元を取り除く
砂糖は杏1対0.4〜0.6

火にかけ最初は強火
あくをとる。根気よく
水気が出てきたら
中火に
好みの固さになったら
出来上がり
時間は量にもやりますが
30分程度

コップテスト
コップに水を入れ
上から杏を落とす
固まった感じならOK
バラければまだまだです。

ビン・キャップは煮沸して
使う分は常温で
残りは冷凍管理で
カビの発生は防げます。

昼近くになりました。
中の合間の晴れ
一日愉快にお過ごしください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
杏のジャムを 霧島蕎麦處かわぐちのほっとな一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる