霧島蕎麦處かわぐちのほっとな一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 見ぬ叔父に捧ぐ其の三 門司大里

<<   作成日時 : 2016/08/12 16:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

終戦記念日に
叔父正勝に捧ぐ
川口波丈
叔父は旅好きで文学青年。
プロレタリアのような気がします。
昭和16年26歳支那で病死
無花果
昭和11年5月創刊
俳句月刊雑誌 編集は発行人
      矢上太郎
選者 高浜虚子 富安風生
   山口青邨 酒井黙禅
   矢上蛍雪 その他
昭和12年6月号より
当季雑詠 黙禅選
鎌上げて人ごみ行くや和布刈禰宜
松明の照らすおん鎌めかり禰宜
大榾火和布刈の神事終へけなほ
初夏や色異れる四方の山
近づけば小さき流れも初夏の色
登竜門 螢雪選
石段を数えて高き夜宮かな
温泉疲れの年寄同志豆の飯
薫風や厩へかへる馬の群れ
けふ見ゆる九十九島や通し鴨
川口波丈作
明解で解かりやすい句です。
古式手打ち
霧島蕎麦處かわぐち
鹿児島県霧島市霧島田口2638−249
☎ 0995−57−4321
店主 川口穰
出身は北九州市八幡東区(旧八幡市立槻田中学校卒業)
おそばは練込以外全て蕎麦粉と水のみで打ち上げています。

イベントの紹介
創業祭
毎年二月末の土曜日〜三月第一日曜日まで
9日間
蕎麦会席 御舌料  4000円
お酒飲み放題    3200円

生ハムとワイン祭り
毎年十一月末の土曜日〜十二月第一日曜日まで
9日間
 イタリアサンダニエーレのプロシュート食べ放題。
御舌料       4000円
お酒飲み放題    3200円
蕎麦を一寸イタリアンに
画像

蕎麦打ち教室 
年4回 開催 興味のある方は御連絡を
 開催月 3・6・9・12月 各月第三木曜日
6月16日木曜日13時霧島保健福祉センター
6名限定・・・400gを二回
指導料は3500円 生粉打ち指導

ご予約は0995−57−4321
川口まで

フェイスブック minorukawaguti

お盆の入り口お店も少し
忙しくなってきました。

昨夜のお客様北九州から
お見えのお客様もいて懐かしい
地名が出てきました。

大里・門司駅前からまっすぐに
坂を上ると其処は競輪場
今は名前が変わっています。
此処の近くで高校三年の夏
失業対策課でアルバイト仕事場は
競輪場の下。
開催時は予想屋さんの向上が
面白く楽しみでした。

この辺で さようなら
暑くなってきましたから
水分の補給は十分に少し
づつ飲むのが良いようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
見ぬ叔父に捧ぐ其の三 門司大里 霧島蕎麦處かわぐちのほっとな一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる