霧島蕎麦處かわぐちのほっとな一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒豚の軟骨の煮込み

<<   作成日時 : 2016/09/28 14:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

古式手打ち
霧島蕎麦處かわぐち
鹿児島県霧島市霧島田口2638−249
☎ 0995−57−4321
店主 川口穰
出身は北九州市八幡東区(旧八幡市立槻田中学校卒業)
おそばは練込以外全て蕎麦粉と水のみで打ち上げています。
イベントの紹介
創業祭
毎年二月末の土曜日〜三月第一日曜日まで
9日間
蕎麦会席 御舌料  4000円
お酒飲み放題    3200円

生ハムとワイン祭り
毎年十一月末の土曜日〜十二月第一日曜日まで
9日間
 イタリアサンダニエーレのプロシュート食べ放題。
御舌料       4000円
お酒飲み放題    3200円
蕎麦を一寸イタリアンに
定番のおそば
蕎麦御膳  1700円
画像


フェイスブック minorukawaguti
      https://www.facebook.com/minoru.kawaguti.5/about

 今日は変化に有るお天気に成って居ます。
晴れたと思ったら雨。今は上がって居ますが
予測はできません。

 昨夜も栗拾い朝は少し遅くに栗拾い。
21時過ぎは数有りましたが寝る前は
20個二度目となると数が減ります。
今朝は6個です。

 お散歩の方々が拾った後落ちて
来たものです。拾っているうちに
落下、すると数が増えます。

 黒豚の軟骨を煮付けました。
約1.4kg
レシビ
1、たっぷりの水で下煮を20分灰汁取り
  ぬるま湯で洗います。
2、黒豚の軟骨に焼酎と水を注ぎ入れ
  火にかけます。
  厚きり生姜を好みで
   水7対焼酎3
3、沸騰したら弱火で2時間
   灰汁は数回取り除きます。
4、一晩寝かせて油「ラード」を綺麗に
  取り除きます。
  ラードの固まりが悪いようでしたら
  冷蔵庫に。ラードは炒め者に使えます。
5、水気が足りない時は同じ割合で補給。
  砂糖80g投入。
  強火から弱火にして約30分煮込みます。
6、醤油150g二度に分け投入。
  時間は適度に。
7、今回は味噌20gほど入れました。
  
  沸騰したら出来上がりです。

今日はこの辺でさようなら


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
黒豚の軟骨の煮込み 霧島蕎麦處かわぐちのほっとな一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる