霧島蕎麦處かわぐちのほっとな一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 東北文学者を訪ねる旅 二日目

<<   作成日時 : 2017/04/16 21:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 東北文学者を訪ねる旅

古式手打ち
霧島蕎麦處かわぐち
鹿児島県霧島市霧島田口2638−249
☎ 0995−57−4321
店主 川口穰
出身は北九州市八幡東区(旧八幡市立槻田中学校卒業)
おそばは練込以外全て蕎麦粉と水のみで打ち上げています。

生ハムとワイン祭り
毎年十一月末の土曜日〜十二月第一日曜日まで
9日間
 イタリアサンダニエーレのプロシュート食べ放題。
御舌料       4000円
お酒飲み放題    3200円
蕎麦を一寸イタリアンに
画像


フェイスブック minorukawaguti
      https://www.facebook.com/minoru.kawaguti.5/about

 霧島は曇り。一日曇り。
昨夜の雨で散った桜もありそうです。

東北文学者を訪ねる旅 
二日目
 昨夜は旨味太助の牛タンを満喫。
帰りもケヤキ並木の中を駐車場まで歩き
仙台市を満喫とまでは行きませんでしたが
楽しみました。
ホテルはメルパルク。

 早朝遠くのビルは炎が上がり火事の様に
感じる演出びっくりでした。
寺町と言うので散策。
実に沢山の御寺が有り正宗公の
力に驚きです。
 
 一回りして御食事此処の朝食は
好評とかバイキングでした。

 昨日案内していただいた菅野様が
ホテルまで御迎えに。
今日は旦那さまとご一緒に。
ニッカウヰスキー仙台工場迄
送って戴きました。
昨日今日と御世話に成りっ放し。
心から感謝です。
有難う御座いました。

義弟夫婦は既に着いていて
駐車場で待って居ました。
菅野様ご夫婦を紹介し此処で御別れ
致しました。
ニッカウヰスキーの看板前で記念写真。

 今日はこの辺でさようなら


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東北文学者を訪ねる旅 二日目 霧島蕎麦處かわぐちのほっとな一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる