霧島蕎麦處かわぐちのほっとな一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 徳之島を回顧

<<   作成日時 : 2017/07/17 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

古式手打ち
霧島蕎麦處かわぐち
鹿児島県霧島市霧島田口2638−249
☎ 0995−57−4321
店主 川口穰
出身は北九州市八幡東区(旧八幡市立槻田中学校卒業)
おそばは練込以外全て蕎麦粉と水のみで打ち上げています。
営業時間
 開店12時 御蕎麦が無くなり次第閉店

イベントの紹介
フェイスブック minorukawaguti
      生ハムとワイン祭り
毎年11月末の土曜日〜12月第一日曜日まで
9日間
 イタリアサンダニエーレのプロシュート食べ放題。
御舌料       4000円
お酒飲み放題    3200円
蕎麦を一寸イタリアンに
画像

蕎麦打ち教室 
年4回 開催 興味のある方は御連絡を
 開催月 3・6・9・12月 各月第三木曜日
9月21日木曜日13時霧島保健福祉センター
6名限定・・・400gを二回

  今日もいい御天気でした。
高千穂の峰も緑色濃く成り美しさを
誇っています。
霧島音楽祭が始まります。
紹介に巨匠来ると。
宣伝に力が入るのはわかりますが
余りにも力が入り過ぎ巨匠は無いだろう?
その道で有名でも巨匠は無いだろうと
感じています。
違和感を感じたラジオの放送。

 今日のお客様は川内から。
カウンター横に飾ってある秋利神大橋の
エッジングと写真。徳之島に三年居ましたと。
見晴らしが良く綺麗な橋ですよねと。
話が弾み魚釣りの話から通ったお店の話まで。
今では無い平土野の御寿司屋さん。
亀津の料亭石庭。良く通いました。
鮨屋の親父さんはボートを持っていて
魚釣りは良く行き底物を釣り上げました。

 仕事中に今から行くよと電話が懸ると
職員には一寸、海底調査に行って来ると。
会社から電話が懸ると海底調査に行っていると
云っといてくれと。
ある時は
鹿児島の方と夜釣りに行き
ハタの2sを釣り上げ鹿児島の家に
届けていただきました。
寿司屋さんは徳田さんと記憶しています。
御世話に成りました。

徳之島では魚釣りに明け暮れ福岡で
船釣りした時は漁師さんですかと
云われるほど上達しました。
徳之島では秋利神大橋建設に
二年従事し完成は平成二年、
道路の開通は平成八年十月二十二日でした。
開通式にはくす玉のテープを引かせて戴きました。

懐かしい話が出て長く話しこみました。

今日はこの辺で さようなら


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
徳之島を回顧 霧島蕎麦處かわぐちのほっとな一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる