癌の検診・萩原朔太郎

古式手打ち
霧島蕎麦處かわぐち
鹿児島県霧島市霧島田口2638-249
☎ 0995-57-4321
店主 川口穰
出身は北九州市八幡東区(旧八幡市立槻田中学校卒業)
おそばは練込以外全て蕎麦粉と水のみで打ち上げています。

フェイスブック minorukawaguti

営業時間
 開店12時 御蕎麦が無くなり次第閉店
夜 完全予約 
17時~19時ラストオーダー
休日 不定休 
時々そばが売り切れる事と
場所が分かり難いのでお越し頂く前には
必ずお問い合わせください。

イベントの紹介
創業祭
毎年二月末の土曜日~三月第一日曜日まで
9日間
蕎麦会席 御舌料  4000円
お酒飲み放題    4000円

      生ハムとワイン祭り
毎年11月末の土曜日~12月第一日曜日まで
9日間
 イタリアサンダニエーレのプロシュート食べ放題。
御舌料       4000円
お酒飲み放題    4000円
蕎麦を一寸イタリアンに
画像

蕎麦打ち教室 
年4回 開催 興味のある方は御連絡を
 開催月 3・6・9・12月 各月第三木曜日
13時霧島保健福祉センター
6名限定・・・400gを二回
指導料は3500円 生粉打ち指導
申し込み〆切りは12月13日。
0995-57-4321 川口まで
道具をお持ちの方はお持ちください

二日は南風病院で検診でした。
喉頭のエコーと胸から下のCTでした。
特に異常はなく無事終了。
主受医から手術後5年経過し
特に異常がないのでこれからの
検査は体に異変を感じた時に
近くの医院に行くように
指導されました。
二月の検診で胃に小さな
ポリープが見られるので
一年後に胃カメラをと言われているので
近くの病院に行くことにしました。
何はともあれ5年無事に過ごせました。

 八月になると萩原朔太郎を思い出します。
月に吠える・青猫・蝶を夢む・純情小曲集・
これまでが約半分程度。
難しそうに見えて単純その奥に
隠されたものが読んでるうちに
分かってくるような気がしてくる。
自分勝手な感想です。
最初に出会ったのは親父の
本棚・中学生の頃でした。
其の頃ははあまり理解してなかったのですが
高校生の頃になると何と無くわかって来たようです。
全集の最初の序は北原白秋の文で始まっています。
遠い昔の思い出でした。

今日はこの辺で さようなら

この記事へのコメント