霧島蕎麦處かわぐちのほっとな一日

アクセスカウンタ

zoom RSS そば会席のレシビとお客様を呟いて

<<   作成日時 : 2016/02/09 00:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

古式手打ち
霧島蕎麦處かわぐち
鹿児島県霧島市霧島田口2638−249
☎ 0995−57−4321
店主 川口穰
出身は北九州市八幡東区(旧八幡市立槻田中学校卒業)
おそばは練込以外全て蕎麦粉と水のみで打ち上げています。
蕎麦打ち教室 年4回 開催 興味のある方は御連絡を
 開催月 3・6・9・12 月
3月15日火曜日13時霧島保健福祉センター
6名限定・・・400gを二回
指導料は3500円 生粉打ち指導
ご予約は0995−57−4321
川口まで
フェイスブック minorukawaguti

 霧島神宮近くの頑固な古式手打ちの蕎麦屋の親父が
今日のお客様を呟いています。

 今日も良いお天気でしたが寒さは増しています。
宮崎からのお客様やはり霧島は寒いですね。
福岡からお見えのお客様、標高が高いので
雪が残っていると思っていましたがと
言われました。

 福岡からのお客様
筑紫野市古賀・二日市インター近くで
蕎麦屋さんをやっていると、粉は九州産又は
北海道産を使って丸抜きを石臼自家製粉と。
生粉打ちそばだそうです。
お店のお名前は 源 ちなみに奈良の玄蕎麦屋
さんにちなんで付けたそうです。
お電話は092−923−6923

 どの様なおそばかは聞いていませんが
一度行かれてみてはいかがですか。

 今日はそば会席のレシビを
画像

湯葉豆腐
豆乳にくずを加え煮あげた物。
暖かいうちにラップに包みひもで結い
茶巾絞りにします。
一度冷まし再度釜に入れ温めて
盛り付けます。刻みワサビを添えています。
醤油は生醤油です。

雲丹のそば米焼き
そば米を素揚げし温かいうちに
フライパンに入れ上に生雲丹をのせ
フライパンで炒めます。焼きの程度は
お好みで。一ケース6人前ぐらいです。

茸のそば米和え
そば米を焚き茸は食べ易い大きさに
揃え軽く茹でます。
其れを梅肉とそばたれで和えます。
三点セットで提供しています。

今日は此の辺で さようなら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
そば会席のレシビとお客様を呟いて 霧島蕎麦處かわぐちのほっとな一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる