霧島蕎麦處かわぐちのほっとな一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 小岩井農場・イベントの紹介

<<   作成日時 : 2017/05/01 19:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

古式手打ち
霧島蕎麦處かわぐち
鹿児島県霧島市霧島田口2638−249
☎ 0995−57−4321
店主 川口穰
出身は北九州市八幡東区(旧八幡市立槻田中学校卒業)
おそばは練込以外全て蕎麦粉と水のみで打ち上げています。

生ハムとワイン祭り
毎年十一月末の土曜日〜十二月第一日曜日まで
9日間
 イタリアサンダニエーレのプロシュート食べ放題。
御舌料       4000円
お酒飲み放題    3200円
蕎麦を一寸イタリアンに
画像

蕎麦打ち教室 
年4回 開催 興味のある方は御連絡を
 開催月 3・6・9・12月 各月第三木曜日
3月16日木曜日13時霧島保健福祉センター
6名限定・・・400gを二回
指導料は3500円 生粉打ち指導

ご予約は0995−57−4321

フェイスブック minorukawaguti
      https://www.facebook.com/minoru.kawaguti.5/about
写真などで紹介して居ます。

 東北文学者を訪ねる旅
四日目
 紅葉館でビッフェタイプの朝食を
終え小岩井農場に。

 途中農場の甲板が有り走れども
走れども入口に辿り着きません。
最初に看板を見てからかなり走ります。
このように広い牧場を見た事が有りません。
小さな入り口をくぐると台地が広がり
岩手山が雪をかぶってお出迎え。

 広々とした大地に農場。
賢治がこの中を歩いていた光景を
想像します。
歩いて行く後ろ姿、濃依頼農場
此処を歩いてと思うと感激です。
鹿児島からやっとここまで来たぞ。

 雪の残る牧場、観覧車で牛舎まで
降りて牛舎の説明。
此処には国指定重要文化財
小岩井農場施設二号牛舎が有ります。

 小岩井農場と書かれた
古い看板が有ります。
サイロや展示場が有り宮沢賢治を
紹介して居ます。
賢治が何を遣ろうとしていた事の
入り口程度が理解できました。

 昼食を岩手名物のわんこそばで。
101椀食べ証明書と記念品を
戴きました。五杯目迄は味が
其れからは惰性で。
七十杯目を過ぎるとお腹が
膨れた気分に。
百杯目で膨れ皆がこの辺で
やめたらと言うので一杯足して
百一杯目でやめました。

お腹も膨れたので賢治と啄木
併設館に。是は次回に

今日はこの辺で さようなら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小岩井農場・イベントの紹介 霧島蕎麦處かわぐちのほっとな一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる